簡単明快

NISA(ニーサ)は個人投資家の味方!

NISA(ニーサ)は個人投資家の味方!

株取引に対する税制の優遇が終わってしまいました。 税制の優遇が終わってしまえば株に投資する人も減ってしまいます。

そこで、新しく始まった制度がNISA(ニーサ)。 日本版のISAという意味らしいのですが、そもそもISAとはどういったものなのでしょうか?

ISAとは英国で始まった個人貯蓄口座という仕組みで、個人の貯蓄や投資を支援する目的で作られたのです。 つまり、その日本版になるNISA(ニーサ)は個人投資家の味方というわけです。

NISA(ニーサ)は少額投資非課税制度を意味しています。 株や投資信託での運用益やその配当金に関して、一定額が非課税となる制度なのです。 個人投資家に投資を促す目的があり、かつ得られた利益にも非課税になるということで各証券会社で大々的に広告が打たれています。

具体的に言えば毎年100万円までは非課税枠の対象になります。 普段投資を行うときにもその制度を知っていなければ話になりません。 NISA(ニーサ)を理解して、非課税枠を賢く使ってこそ本来の効果が発揮できるのです。

仕組み上短期で売買を繰り返すとすぐに上限額に到達してしまいます。 そのため、長期投資向けの株や投資信託に向いているということができます。

1枠は最長5年まで有効であるため、もし5年たって株価が上昇していれば売却することで利益が得られますし、非課税の対象になります。

さらに5年後新しい非課税枠で同じ株を購入すると、同じ株をさらに5年間非課税対象として保有することができるのです。 まさしくNISA(ニーサ)は個人投資家の味方!知っておいて損はありません。

copyright(C)簡単明快