簡単明快

株の値段が変動する理由

株の値段が変動する理由

日経平均の反発など、株価変動というニュースを聞いたことがあると思います。 では、なぜ株の値段が変動してしまうのでしょうか?その疑問について株の値段が変動する理由を見ていきましょう。

株が発行される理由からもわかりましたが、株は会社が事業のための資金を集めるために発行されます。 つまり、会社の株の値段とはその会社の事業に興味のある人が多いかどうか人気度を示しているといっても間違いではないのです。

例えば、その会社の事業が好調なときや株主に配当金が出るとの発表が投資家に好感をもたれるのであれば株価が上昇します。 反対に株価が下落してしまう原因は、業績不振や配当金が出ないときなのです。

一般的に株を安く買って高く売るのですが、株が安いときに買われる理由があります。 その理由は簡単なのです。その会社の事業内容もそうですが、その時勢での人気のある業種にも関係があります。

例えば、東京オリンピック開催が決定した時は、建設業の株の値段が上昇しました。 また、iPS細胞やSTAP細胞などが発見された時には、製薬会社などの株の値段が上昇したのです。

このように変動する理由には、会社の事業内容や業績そしてその時々での時勢が影響してくるのです。

株の値段が変動する理由さえ理解しておけば、実際に株を購入するときにどのような株を購入すればいいか迷うことはなくなります。

copyright(C)簡単明快