簡単明快

株はどうして発行されるのか?

株はどうして発行されるのか?

株式会社という言葉を耳にしたことのない人の方が多いように思います。 では、株はどうして発行されるのか?この仕組みについてよく知っている方は少ないと思います。

株に関して調べていくと、いろいろなことがわかるようになってきます。 単純にいうとある会社から発行されている株を持っていると、その会社の利益から持ち株の比率に応じて利益が得られるのです。 もちろん多く持っていればいるほど、利益を得ることができます。

株を持っていることで会社によっては株主優待の特典がついてきたりもしますよね。 もちろん保有している株を売却して、その差益で利益を得ることも可能です。

一般的に、株価が安いときに買い株価が高いときに売るということが株取引のセオリーといわれています。

しかし、株を売買するという考えは株取引のルーツではないのです。 もともとは前者のような保有してこそ意味を持っているものなのです。 そもそもの目的は会社が事業を始めるために資金を集めるところからきています。

会社が資金を得るために株を発行し、事業に興味を持った投資家がそれを買う。 そして、その事業で利益を得ることができたら分配するというのが、本来株が発行された時の仕組みなのです。

持ち株比率という単語があるように株を多く持っている人が、より多くその会社に資金を提供していることは言うまでもありません。

copyright(C)簡単明快